インターネットから受付できます。

Web診療受付はこちら

診療の順番が近づくとメールでお知らせする便利なシステムです。

電話でのお問い合わせはこちら

096-356-6636

腰椎椎間板ヘルニアの治療について

腰から臀部にかけての痛み、下肢の痺れや痛み、足に力が入りにくいなどの症状のほか、進行すると背骨の変形などがみられる場合もあります。動作が緩慢になる、重い物を持つと痛みが強くなる場合には、「腰椎椎間板ヘルニア」の可能性があります。

原因

背骨でクッションの役割を果たす椎間板の一部が飛び出して、神経を圧迫し痛みなどさまざまな症状が現れます。

診断・治療

  • X線検査(レントゲン)やMRI検査を行い、診断します。 ※MRI検査については他院で撮影となります。
  • 痛みが強い急性期には安静を第一に、薬物療法とコルセットを装着等の対症療法を行います。
  • 痛みが軽くなれば、運動療法を開始できます。
  • 症状の改善がみられない場合には、手術をおすすめします。